メンズレザーバッグのカラーバリエーション

バッグは、日常的に使う頻度が高いアイテムの一つです。どのようなシーンで使うか、どういった用途で使うかによって、適した素材やサイズなども変わってきます。また、ファッションアイテムとして、着こなしに自分らしさをプラスできるアイテムでもあります。バッグの中でも、レザー素材のバッグは、革ならではの質感や、時間の経過とともに加わる美しさが楽しめるアイテムとして人気があります。一方、レディース用とは違ってメンズ用は、カラーバリエーションがあまりないようなイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、レディース用と比べると、メンズ用は色の展開が少なめかもしれません。しかし、最近ではレザーバッグの色味も増えてきています。そこで今回は、男性用の革バッグのカラーバリエーションについてご紹介します。

男性用レザーバッグでも色々なカラーがある

ビビッドカラーやパステルカラーなど、人目をひくようなカラフルなデザインが豊富なレディースアイテムと比べると、もともと男性用のファッションアイテムはカラーバリエーションも控えめです。しかし、近年になり、男性でもファッションにこだわりを持つ人が増えたことによって、男性用ファッションにも多彩な色合いのアイテムが増えてきました。こうした傾向は、メンズ用レザーバッグも例外ではありません。もちろん、素材や染色技術によって、ある程度の縛りはあるかもしれませんが、黒や茶色、紺色などの基本的なカラーの他に、薄めのキャメルやカーキなどのバリエーションが存在します。さらに、こうした色合いは、革の素材感との相乗効果で、シンプルながらもアンティークな雰囲気のバッグに仕上げられています。また、ビジネス用よりもカジュアル用のバッグの方が、バリエーションが豊富になる傾向があります。

徐々にカラーバリエーションも増えてきている

「レザーバッグはカラーバリエーションが少なそうだから、敬遠している」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、リアルレザーを使って作られている男性用のバッグでも、同じデザインで6種類や7種類のカラーが用意されているメーカーもあります。具体的なカラーとしては、黒やネイビー、茶系に加えてグレーやキャメル、レッドやオレンジといった鮮やかな革バッグもあります。また、革製品の特性として興味深いのは、例えば「ネイビー」カラーであっても、メーカーによってブルーに近いような色味であったり、黒っぽい色味があったり、製品によって色も様々だという点です。そのため、バッグの色にこだわりを持っている方は、できるなら店舗に足を運んでみて、実際にバッグを手に取って色味を確認してから購入すると良いでしょう。